スバルXVちょこっとレビュー

皆さんこんにちは。
雨か降るたびに寒くなっていきますね。

今回は修理工場から代車のを引き取りに行ってきましたズバルの車を引き取りに伺ってきました。
スバルといえば、レガシィ・ツーリングワゴンやインプレッサなどが挙げられますが、今回レビューとしてお届けしますのはXVという車種をご紹介させていただきます。

早速いつものように外装からですが、レガシィやインプレッサなどのような面構えはついついスポーティな走りを想像してしまいます。

見た目SUVにも見えてますが、実は全長は同じスバルのレガシィツーリングワゴンより短く通常のコンパクトカーというカテゴリーよりは若干長くなってます。ただ全長はコンパクトカーより長くても旋回性能は小回りが利いて細道やクランクなどでもキビキビ曲がってくれました。

後ろはハッチバックなので車庫入れやコンビニなどでバックからの駐車など距離感もわかりやすいのでボディサイズがコンパクトカーより大きくてもそれを感じさせねい安心感がありました。

そしてブレーキですが、最近では燃費などの計算からミドルサイズからしたの車は、リヤのブレーキがトーションビームというのが多い中、XVはディスクブレーキでした。なのでしっかりと止まってくれます。
ただ、あまりにも効きすぎるブレーキだから強く踏むと急ブレーキみたいになってしまいました。

内装は、落ち着いた黒ベースで高級感があり、思った以上に広く快適だったので走行中の疲れを軽減してくれました。

シフトレバーの「P」(パーキング)とは別にもう一つ「P」のレバーが付いていてこれがサイドブレーキの役目を果たしているパーキングブレーキです。押すと解除、上に軽く上げると作動ランプがつきます。昔のレバータイプや足で踏み込むタイプはうっかりとそのまま走ってしまって慌てて解除することもありましたが、そこは電動。自動で解除してくれます。

ナビとは別にサブモニターが見やすい位置にあって室内の温度やセンサーなども走行中にパッと見て把握できます。

AWDなので多少の悪路にも強い感じでした。なのでこの秋はオシャレな街でのデートやドライブもいいですが、レンタカーを借りて山道も走るアウトドアのデートもいかがですか?

それではまた。最後までお付き合いいただきありがとうございました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2019.5.22

便利だけれど注意が必要、パンク修理キットの豆知識。

こんばんは。 ゴールデンウィークも終わりバイトしているレンタカー屋さんも一旦忙しさから解放されて落ち着いている今日この頃です。(笑) ち…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る